Top>家づくり情報館>家づくりの極意ポイント (住環境編)

バリアフリー(段差について) (家づくりの極意ポイント:住環境編)

 今やバリアフリーは当たり前と言えるほど、その考え方が定着してきました。もちろん、これは喜ばしいことであり、子供や高齢者まで住みやすい住環境を実現できるというのは歓迎されるものです。

 そして、バリアフリーにも手すりなど様々なものがあり、その中でも段差無しは代表的なものの一つと言えます。玄関やお風呂の入り口はもちろん、和室の敷居まで、家からすべての段差を無くすという勢いで様々な工夫がされています。 確かに段差で躓くという危険は排除されることが望ましいと言えます、しかし、本当にすべての段差が悪なのでしょうか。

 実は、段差で一番危ないのは、中途半端な高さであり、跨ぐ必要のあるものです。和室の敷居などは高さも1cm前後ですが、高齢になるとこれが跨げなくなります。そして、視力の低下とともに段差に気付かなくなるのです。実は、昔の家は今ほど間仕切りも多くなく、そのため段差もそれほど多くありませんでした。しかし、畳が普及し、間取りが複雑化する中でこの中途半端な段差が増加していったのです。

 古い日本家屋では、玄関を入ると土間になっており、床面は数十cmの高さになっています。段差としては、極めて大きなものであり、階段のように直接上がることや降りることは容易であるとは言えません。しかし、実はこの高さは別の視点で見ると絶妙な高さになっています。直接上がり降りするのではなく、いったん腰かけてから体を回すことで上がり降りすれば非常に楽に動作ができます。特に足腰が弱ってくると家の中で四つん這いで移動するお年寄りも少なくありません。しかし、そういった場合も苦労なく移動できます。

 このように、段差はすべて駄目であり、段差ゼロが理想というわけではありません。メリハリを付けて中途半端な気付きにくい、跨ぐような段差を無くすことが重要であり、有用な段差は逆に活用するということも必要です。「バリアフリー=段差無し」というような短絡思考ではなく、多面的な考察を行ってより住みやすい家づくりを考えることが重要です。


これ以外にも、皆さんに合った様々なアイデアがあります。
どうぞ、お気軽にお問い合わせください。




 このページはお役に立ったでしょうか?

YES    NO

ページ先頭へ