Top>家造りご相談メニュー例>

家造りご相談メニュー例 −間取り・プランニング相談−


 間取りプランをどのように考えていけばよいのか分からない
   なんとなく1階にはLDKをつなげて、水周りを構成して、2階には寝室と子供部屋、クローゼットを配置するといった考え方では本当に満足のいく家づくりプランは得られません。しかし、現実としてどこから考えていったらよいのかわからないというのも当然だと思います。
 そんな時にこそ、この「家造りラボ」をご活用ください。あなたの頭の中の家づくりイメージの具体化、家づくりへのご希望と間取りプランとの整合を取り、真の希望に沿った家作りプランを完成するお手伝いをいたします。
 
 提案された家づくりプランについて不安や疑問がある
   担当者の説明は一応筋が通っていて、家づくりの希望が取り入れられているようには思うが、なんとなく引っかかるものがある。家造りプラン、間取りプランに疑問があって質問するが、なんとなくはぐらかされているような気がする。本当にこのプランがベストなのか心配になってきた。そんなことはありませんか?
 そんな時にこそ、この「家造りラボ」をご活用ください。あなたの家づくりにおける不安や疑問を解決します。
 
 提案されたプランについて第3者のアドバイスが欲しい
   一応担当者とも十分にディスカッションをして、自分でも納得しているつもりではいるけれど、本当に自分の家づくりはこのプランで良いのか不安がある。担当者と自分だけではなく、公平な第3者の意見を聞きたい。
 そんな時にこそ、この「家造りラボ」をご活用ください。公平な第3者としてして、あなたの本当の味方として家作りについてアドバイスさせていただき、本当の家造りを実現します。
 
 提案されたプランが自分のスタイルに合っているか不安
   色々と考えを巡らせて、試行錯誤を重ねて家作りのプランを練ってきたが、果たして本当にこのプランが自分の生活スタイルに合っているのか判断できず不安になってきた。普通の人は実際に生活してみて始めて自分のスタイルとプランが一致しているのか分かるものです。しかし、それでは遅いのです。
 そんな時にこそ、この「家造りラボ」をご活用ください。あなたの実際の生活をシミュレーションしながら一緒に最良の家作りプランへと仕上げていきましょう。
 
 プランの具体的イメージが掴めない
   普通の人にとって、紙の上の平面プランを見ただけで家の完成形の立体イメージを作り上げて住宅建築全体を理解することはとても難しいものです。そのためには、実際にそのプランの中で移動し、くつろぎ、生活している様子を想像しなければなりません。この作業は難しく、熟練しないと上手くいかないものです。
 そんな時にこそ、この「家造りラボ」をご活用ください。あなたの家作りのプランの具体的イメージを読み取り、伝えて本当の家造りを実現します。
 
 担当者に自分のイメージを上手く伝えられない
   自分の頭の中には、漠然とではあるが家作りプランのイメージが出来上がっている。しかし、それを言葉にして、また、目に見える形にして相手に伝えることができない。でも、ここで間違えたり、妥協したりすると後で取り返しのつかないことになってしまいます。
 こんな時にこそ、この「家造りラボ」をご活用ください。あなたのイメージを具体化して、あなたの家作りの作業をお手伝いいたします。
 

どうぞ、お気軽にお問い合わせください。


ページ先頭へ