×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

Top>家づくり情報館>家造りの工程>

家造りの工程 設計図書(家造りの憲法)


 家造りは非常に複雑な工程を経て完成されますが、その全てが含まれており、全ての根本となるのが設計図書です。設計図ではなく、設計図書と呼ばれるのはそれほど内容が多く、本のように厚いものになるからともいえます。しかし、一口に設計図書といっても、メーカー、工務店、設計事務所ではその含まれるものが異なっており、それぞれの中でもバラつきがあります。ほとんどの方が、生まれて初めて見るものですから、内容が標準から見て多いのか少ないのかすらわからないというのが現実でしょう。そこで、ここでは設計図書に含まれる図面その他について解説したいと思います。

 

付近見取り図


 敷地の場所や周囲の目標物(ランドマーク)などが記載された地図であり、地名や番地、方位、周辺道路なども記載されている。
 

配置図


 敷地内における建物の配置を上から見た図面であり、敷地の形、建物の上面図、建ぺい率、道路や隣接地との距離関係も表している。
 

平面図


 各階の部屋や廊下などの配置を表した、いわゆる間取り図に当たるものであり、部屋や廊下の広さや幅、出入り口や窓のサイズや位置などが分かる。
 

立面図


 家の外観を4方向から表したものであり、家の形、高さ、屋根の勾配、窓や玄関の位置などが分かる。
 

断面図


 家を建てに切り取ったものであり、床や屋根などの地面のからの高さなどが分かる。
 

矩計図


 断面図と同様に建物を垂直に切り取った図であるが、構造や仕上げ、寸法や組み方なども詳細に記載してある。
 

展開図


 部屋や廊下の壁を一面ずつ書き出したものであり、窓やドアの位置、サイズ、仕上げ、造り付けの家具や設備の配置などが表してある。
 

屋根伏図


 屋根を真上から見たときの平面図であり、割り付け等がわかる。
 

天井伏図


 各部屋の天井を真上から見たときの平面図であり、構造や仕上げなどが記載されている。
 

梁伏図


 各階の柱や梁の配置、組み方を示す平面図。
 

部分詳細図


 特に複雑であるなど、他の図面だけでは分かりにくい部分を抜き出して詳細に記載した図面。
 

建具表


 各建具の構造や仕上げ、サイズ、外観などを記載したもの。
 

基礎伏図


 基礎の形状や埋設などをサイズも含めて記載した図面。
 

床伏図


 床の構造や資材の種類やサイズ、組み方などを表した図面。
 

小屋伏図


 小屋組み(屋根組み)の構造や資材の種類、サイズなどを示した図面。
 

軸組み図


 柱や梁などの家の構造躯体の資材の種類やサイズ、組み方を表した立面図。
 

設備図


 電気、給排水、ガス、空調など各種設備の配管、配線、種類などを示したもの。
 

電気配線図


 コンセントやスイッチ類なども含めた電気配線を表した図面。
 

仕上げ表


 内装、外部などの下地も含めた仕上げについて、種類、工法などを表したもの。
 

面積表


 敷地、建物、床など各部の面積を表したもの。。
 

仕様書


 各図面の中には記載しきれない仕上げや工法、資材、設備の種類などを詳細に記載したもの。
 

工程表


 工事全体について、着工から完成までの詳細なスケジュールが記載されたもの。

この他にも、見積書、契約書、約款など様々な書類が付随します。


 

どうぞ、お気軽にお問い合わせください。



 このページはお役に立ったでしょうか?

YES    NO

ページ先頭へ