×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

Top>家づくり情報館>家づくりの考え方2 (家造りコラム)>

引越しの方法(コツと選び方)


 家造りの本筋とは少し離れるのですが、家造りと切っても切り離せないものの一つに引越しがあります。引越し業者も大手から中小まで様々であり、引越しの方法も自分で行う方法から、お任せパックまで多種多様です。ただ、実は引越しも家造りと同様に意外とトラブルが多く、また、見落としがちなポイントが多いのも事実です。ここでは、引越しについてそのタイムテーブルに沿ってポイントを見ていきたいと思います。

一ヶ月前

引越し業者への見積り依頼 

   必ず複数業者に依頼して、金額だけでなく内容も詳細に比較して自分達の引越しスタイルと最も合うところを選びます。また、3月や4月などのハイシーズンの場合には、もっと前に希望日を仮押さえできるようであればしておくと良いでしょう。費用を少しでも抑えたいのであれば、プラン内容だけでなく、平日にしたり、時間も午後や夕方にすると安くできるでしょう。 
 

粗大ゴミの手配

   意外と忘れがちなのがゴミ、特に粗大ゴミの処分です。今は、物を買うよりも捨てる方が難しい時代です。通常は、自治体が有料で回収してくれるはずなので、手続きについて早目に確認しておくと良いでしょう。また、まだ使えるものであればリサイクルショップなどに持ち込めば、処分費用を浮かせられるだけでなく、引越し費用の足しにできることもあります。
 

転校の手続き

 担任などに早目に相談して、手続きなどについて確認しておくと良いでしょう。在学証明書や教科書の給付証明など必要書類もいくつかあるので土壇場で動き出すと大変です。

2〜3週間前

 ここでは、この時期で記載していますが、少なくともこの時期には実施しないと間に合わないことがあるものです。したがって、これ以前に準備が開始できるのであればそれに越したことはありません。

荷造り用品の準備

   ダンボールについては、大手の引越し会社であれば楽々パックでなくてもある程度提供してくれると思います。また、一度使用して回収したものであれば、無料で追加を提供してくれるところもあるので交渉してみましょう。それでも足りなければ、スーパーなどにいけば簡単に手に入るはずです。ただし、汚れは無くても匂いには気をつけましょう。その他の、ヒモやテープ類はDIYショップや100円ショップなどで準備すれば良いでしょう。緩衝材として新聞なども使うので、捨てずにとっておくようにすると良いでしょう。
 

新居でのレイアウトを再確認

   家具の配置について、そのまま使うもの、新しく購入するものまで含めて、荷造り計画を見ながら配置図を再確認すると良いでしょう。できれば、設計図書と縮尺を合わせて配置図を作成していくと、通路幅や配置後のイメージを考えやすくなるでしょう。
 

荷造り開始

 日常使わないものなどできる所からやり始めると良いでしょう。また、旧居では同じ部屋にあったが、新居では違う部屋になるものなども出てくると思いますから、新居で運び入れる部屋ごとにまとめておくと引越し後の運び入れや荷物の整理が楽になります。梱包したダンボールに内容物と新居で運び入れる部屋、通し番号などを書き込んでおくと良いでしょう。
荷造りの注意点

電話移転続き 

   引越しのハイシーズンなどは工事日が予約できないこともあるので、早目に手続きを開始しておく方が良いでしょう。また、挨拶状などの印刷をするのであれば早目に手続きを行って新番号を確認しておくと良いでしょう。
 

郵便局への転送手続き

   郵便局でも簡単に手続きができますし、所定のはがきを投函するだけで良いので早めに済ませておきましょう。

1〜2週間前

 ここでは、この時期で記載していますが、少なくともこの時期には実施しないと間に合わないことがあるものです。したがって、これ以前に準備が開始できるのであればそれに越したことはありません。

市役所への手続き

   転出入届け、印鑑証明の廃止など事前に届出が可能なものについては、時間のあるうちに実施しておく方が良いでしょう。また、子供がいる場合には、市町村によって医療費補助の条件などが異なるので同時に確認しておくと良いでしょう。その他、不明な点があれば適宜問い合わせれば情報を得られるはずです。
 

電気、ガス、水道などのインフラ関係の手続き

   ガスだけは立会いが必要になるので、日程調整も含めて早目に手続きを開始しましょう。基本的には、これらの生活インフラは同時に手続きを進めれば抜けも無く、時間の無駄も省けるでしょう。
 

NHK、衛星放送、ケーブルTV、インターネットの移転手続

 電話やネット上の手続きが可能なものがほとんどだと思います。ただし、インターネットについては、プロバイダや接続先、接続方法を変える(メタルラインから光へなど)場合は、工事も必要なのでもっと早い段階で工事予約をする必要があります。

新聞 

   契約途中での引越しの場合には早目に契約解除の連絡を入れましょう。新居での新聞については、若干のタイムラグが許せるなら大抵はどこから聞いたのか勧誘員がすぐに訪問してくることが多いでしょう。早い時には、引越し当日に勧誘に来ることもあります。同じ新聞ですぐに欲しい場合には、旧居での契約先に紹介してもらえば簡単に済みます。
 

各種住所変更手続き

   銀行、郵便局、クレジットカード、保険などの住所変更手続きをするための書類などの入手を始めて、できるところから始めていくと良いでしょう。詳細は、各機関に問い合わせれば説明してもらえます。
 

3日前〜前日

近所への挨拶回り

   当日はバタバタするので、前日に済ませておく方が良いでしょう。また、同時にトラックなどが止まったりして迷惑をかけることを一言添えておくと無用のトラブルを避けられるでしょう。
 

新居の掃除

   荷物を搬入してしまうと掃除しにくくなりますから、搬入前に済ませておくと良いでしょう。このときに、再度瑕疵などがないか確認しておくと良いでしょう。
 

当日の段取りの再確認

 運び出し、搬入の立会い、旧居の最終チェック、新居までの家族の移動手段など引越しの流れに沿って再度確認しておくと当日慌てることも無く無事に終えることができます。

冷蔵庫の停止

   最近のものは直前に停止しても大丈夫なものもあるようですが、可能なら前日の夜には、冷蔵庫を空にしてコンセントを抜いて移動の準備をしましょう。残った食材は、保冷バッグなどを使って引っ越しても良いですが、できれば使い切れるように計画的に消費しましょう。また、水抜きも忘れずに行いましょう。
 

貴重品をまとめる

   貴重品は、まとめて当日も肌身離さず管理できるように準備しておきましょう。また、引越し代の支払いなど現金もある程度すぐに使えるように用意しておきましょう。
 

当日

搬出の立会いと確認

   全ての荷物が予定通り、問題なく運び出されているかを確認します。特に、ベランダや押入れの奥、庭、表札など忘れがちなので、全体をくまなくチェックします。
 

電気、ガス、水道の閉栓

   ガスだけは通常立会いが必要ですが、他については担当者がやってくれます。引越し後も契約先が変わらず、引き落とし口座も変わらないのであればそのまま次月に精算されます。ただし、これらが変わる場合にはその場で精算というケースもあるので事前に確認しておくと良いでしょう。
 

掃除

 今までお世話になった家に感謝の気持ちも込めて最後はきれいにして去りましょう。このとき同時に、忘れものがないかなども確認していくと良いでしょう。

搬入立会い

   荷物を運び込む部屋や配置の指示をします。また、引越しによる傷などが発生していないかも同時に確認していきます。
 

電気、ガス、水道の開栓

   ガスのみ立会いですが、他は基本的に自分で元栓を開けるなり、ブレーカーを上げるなりして使用を開始します。元栓やブレーカーなどに葉書がついているはずなので、それを後日投函します。
 

近所への挨拶

   前日までに済ませている場合でも、一声欠けるタイミングがあればそれに越したことはありません。引越しによる迷惑も含めて近所に一通りできるだけ早いタイミングで挨拶をしておきましょう。

引越し後から2週間程度

役所関係の手続き

   転入届け、印鑑登録、健康保険、学校関係など様々な手続きがありますので、担当者に聞きながら一度で済ませられるようにしましょう。また、免許証の住所変更などに住民票や印鑑証明などが必要になるので、事前に必要な書類を確認しておき、一度で入手できるようにしておきましょう。
 

免許証の住所変更

   免許証はもちろんですが、写真が必要になることもあるので事前に確認しておくと良いでしょう。担当は、警察署の交通課です。これを怠っていると法令違反という意味だけでなく、更新案内の葉書が届かないこともあるので注意が必要です。
 

自動車、バイク関係の手続き

 車庫証明の変更や車検証の変更などを行います。警察署や陸運局など手続き場所が異なることがあるので、分からなければ事前に確認しておきましょう。

【荷造りの注意点】

・ダンボールはできるだけ揃っていると積み込みや整理が楽になりますが、入れる物に合わせて何種類か用意しておくと良いでしょう。
・ガムテープは十字に貼るようにし、サイドには貼りません(サイドに貼ると手が滑って危険です)。
・ひとつのダンボールの中では、基本的に重い物を下に詰めるようにします。
・あまり欲張って詰め込むと重すぎて効率が落ちるので、1箱15kgぐらいを目安にすると良いでしょう。
・紙袋やヒモで縛る方法は不安定なので、出来るだけ避けるようにしましょう。
・割れ物、食器類は全体を新聞紙などで包み、皿などは縦にいれるようにします。また、ダンボールに大きく目立つように割れものである事を表示します。
・小物類は、グループごとにビニール袋などに入れて箱詰めすると良いでしょう。その際、「テレビ用」などのメモをつけておくと便利です。
・すぐに使うもの(現金、2日分程度の衣類、アメニティ、薬、掃除道具など)はまとめてすぐに分かりやすいようにしておくと良いでしょう。



どうぞ、お気軽にお問い合わせください。


 このページはお役に立ったでしょうか?

YES    NO

ページ先頭へ