Top>家づくり情報館>家づくりの考え方2 (家造りコラム)>

風水と家相、その対策と対処法 (風水、家相とは)


  先にも書いたように、家相というとまず鬼門という言葉が浮かんできます。鬼門に出入り口があるといけないというのは聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。しかし、鬼門の由来を正確に知っている人はそれほど多くないのが現実です。また、張り欠けというのも良く言われます、これも家造りを勉強していき、家の外観としてどういうものに利があるのかを理解してくれば本来の意味、そして、対応の仕方がわかってきます。

 それでは、風水の本来の形、起源について少し触れてみましょう。風水にしても家相にしてもその起源は基本的に中国大陸にあります。先にも書いたとおり、風水は本来地形学に近いものであり、どういう(地形の)土地に家を建てたり、お墓を作ったりするのが良いのかいうことを現しています。
 風水では、北に大きな山、東に勢いのある川、南に平野、西に道という地形を良しとしています。また、北の山から東西の川と道に導かれて南の平野に向かって龍脈が流れるとされるので、それを招き入れるような形にすると良いというようなことも言われます。さらに、そのような龍脈の流れる場所に、その流れを邪魔することなく、うまく導きいれて送り出すように家を建てるとその家は繁栄するとも言われています。
 解釈については、微妙に異なることもあるのですが、共通するのは山や川の位置を計り、龍脈を妨げることなく招き送り出すように心がけるというところだと思います。そして、このような考え方の背景には、風による害をどう軽減するのか、日当たりの問題、異民族からの侵略への対応、そして、大きな脅威であった川の氾濫への対策といったものなどが名前を変え、形を変えて伝えられています。

 このように、本来は壮大な地形学ですからカーテンの色や置物のようなものではありません。ただ、現在日本で流行している風水も完全に否定するつもりはありません。その根底にはやはり風水学が流れていると思います。壮大な地形の考え方を家の中のサイズに縮尺投影して置き換えようとしたものともいえます。また、色に代表されるインテリアは人間の心理、体調に対して大きな影響を与えますから、色彩学や心理学、インテリアコーディネートなども取り入れて判断されれば良い結果につながる部分も大いにあると思います。


どうぞ、お気軽にお問い合わせください。


 このページはお役に立ったでしょうか?

YES    NO

ページ先頭へ