×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

Top>家づくり情報館>家造りの工程>

家造りの工程 基礎工事


 ここでは、基礎工事の光景を紹介しています。配筋の様子などを中心にどのように基礎工事が行われているかを確認していただければと思います。基礎工程は、次の工程に進んだり、家が完成すると再確認できない、後戻りできない重要な工程になりますから、十分に観察することが重要になります。

割栗石

捨てコン

配筋1

配筋2

ベースコンクリート

基礎立ち上がり

基礎全景



 
 

割栗石

基礎 割栗石


基礎 割栗石

 一般的に基礎ベースの下、地盤の上に敷き詰められる砕石であり、建物の荷重を地盤に伝える役割を持っています。ただし、極めて良好な地盤の場合には用いられないケースもあります。


ページ 先頭へ


捨てコン

基礎 捨てコン


基礎 捨てコン

 さきほどの割栗石の上に流されるのが、この捨てコンと呼ばれるコンクリートです。役割は、基礎の前に表面を平坦にすることであり、これ自体には構造上の役割は基本的にはありません。表面が概ね平らになっていれば大きな問題はないでしょう。


ページ 先頭へ


配筋1

基礎 配筋


基礎 配筋


基礎 配筋

 ここでは、いわゆるベタ基礎タイプの配筋を示しています。布基礎の場合には、立ち上がり部分だけで、ベース部分には配筋は入りません。全体に均等に、歪みや片寄りなく図面通りの鉄筋が使われて、ポイントごとに針金で固定されているかなどについてチェックするとよいでしょう。


ページ 先頭へ


配筋2

基礎 配筋


基礎 配筋


基礎 配筋

 これらの写真は、配筋ブロックの接続箇所を示しています。理想的には、全体が一体となって配筋が製造されていればよいのですが、家ごとに形も異なり、大きくなってしまうこともあり、基本的なブロックを現場でつなげていくことになります。この時のポイントは、この写真のように、接続が十分な重なりをもって行われているか、また、角の部分など必要に応じて補助鉄筋が使用されているなどがあげられます。一番下の写真は換気口の部分であり、斜めに斜行筋が入っているのが分かります。


ページ 先頭へ


ベースコンクリート

基礎 ベースコンクリート


基礎 ベースコンクリート


基礎 ベースコンクリート


基礎 ベースコンクリート


基礎 ベースコンクリート


基礎 ベースコンクリート

 次に、完成した配筋のところに生コンを流し込んでいきます。このコンクリートは構造を支える重要なものの一つになりますから、注意深く仕上げる必要があります。例えば、コンクリートが分離していないか、最初から最後まで止まることなく連続的に速やかに作業が行われているかなどがチェックポイントとしてあげられます。また、硬化後は、ひび割れや欠けなどが無く、表面は平らで均一に仕上がっているかなどもポイントになるでしょう。


ページ 先頭へ


基礎立ち上がり

基礎 立ち上がり


基礎 立ち上がり


基礎 立ち上がり


基礎 立ち上がり

 ベースが硬化後、基礎の立ち上がり工程に入ります。基礎の立ち上げでは、型枠の中に生コンを流し込みバイブレーター等で巻き込まれた空気を追い出します。この時も、生コンの流し込みは連続的に速やかに行われなければなりません。


ページ 先頭へ


基礎全景

基礎 全体


基礎 全体

 完成した基礎全景写真です。全体を見渡して、ひび割れやジャンカなどがないか、そして、「きれいな」仕上がりになっているかということも重要です。



 

どうぞ、お気軽にお問い合わせください。



 このページはお役に立ったでしょうか?

YES    NO

ページ先頭へ