×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

Top>家づくりにおける疑惑の構図>

家づくりにおける疑惑の構図 −設計事務所編−


 住宅メーカーや工務店による家造りにおける不明瞭さ、不安を解消する方法として選択されることが多いのが、この設計事務所への依頼による住宅建築という方法ではないでしょうか。最近では、テレビや雑誌の影響もあって、家造りにおいて設計事務所を選択するケースも増えており、家の建て方の一つとして一般化してきているといえます。

 設計事務所に依頼するケースの最大の理由は、住宅メーカー編や工務店編で述べた不足している第3者としての公平な「目」を家造りの中に持ち込むということだと思います。住宅メーカー、工務店共にプランや工事を司る側と工事をする側が同じサイドにいるという点に問題が生じる余地があります。そこに、そのどちらにも属さない「目」を入れるということは家の建て方、家造りの管理の仕方としては理屈には合っています。

 しかし、設計事務所は本当に世間で言われているように、家づくりにおける本当の意味での公平な第3者、利害関係の及ばない立場、施主の味方なのでしょうか。実は、そこに疑惑の存在するグレーゾーンが存在するのです。

 設計事務所の多くは、その宣伝文句として、自分達は「あなた達施主の唯一の味方」であるというように言います。しかし、問題はそこにあるのです。本当に心底施主の味方なのでしょうか。

 まず、依頼する時を考えてみましょう。世の中には、星の数ほどの設計事務所が存在しており、玉石混合、経験を積んでレベルの高いところもあれば、駆け出しの事務所、開設後の時間こそ長いが経験が少ないところもあります。また、木造が得意なところもあれば、RC造が得意なところ、また、住宅ではなくビルが得意なところもあります。そして、何よりあなたの家づくりに感性が合うところかどうかという問題もあります。

 このように、一口に設計事務所と言っても様々なところがあります。そして、設計事務所の売りの一つがその個性であったりもするのです。そんな時、あなたはどうやって設計事務所を選ぶでしょうか。テレビや雑誌を参考にすることもあるでしょうが、最終的には自分の目で判断することになるはずです。そして、自分の目で判断する最善の方法は、実際に家造りについて相談して話をある程度進めてみて、その設計事務所の家造りに対する個性、家の建て方へのスタンスを知ることだと思います。しかし、それがそう簡単にはできないのです。

 設計事務所に行って実際に相談してみると分かるのですが、住宅メーカーのように簡単に間取りプランなどの家造りの相談が進められないのが設計事務所なのです。ほとんどの設計事務所では、簡単な相談は無料で受けてくれますが、プランに関する相談が始まると有料になることが多いのです。ある程度の金額を支払わなければラフプランさえ見せてもらえないことはそれほど珍しいことではありません。

 あなたは、車を買うとき、カタログや実車も何も見ずに、車名すら確認しないまま、メーカー名だけで決めることができるでしょうか。そんなことはありえないはずで、必ず色々と資料や実物を見て検討に検討を重ねて決めるはずです。しかし、ほとんどの設計事務所のやり方は、何も見ないで名前だけで決めなさいと言っているのです。

 そういうやり方をしている理由は簡単です。彼らは、全くこちらを信用していないのです。すなわち、間取りプランなどを出した時点でそのプランを持ち逃げされることを心配しているのです。確かにそういうケースもあるかもしれませんが、だからと言ってリスクをこちら側にだけ押し付けるのは受け入れらないのではないでしょうか。最初の段階からこちらを信用していない相手が、お金を払ったからと言って本当にこちらの味方になってくれるものでしょうか。所詮そんなものは、お金でのつながりです。あなたは、疑問を感じませんか?

 そして、最大の疑惑の根源はその料金体系なのです。設計事務所の料金がどのように決まるかご存知ですか?なんと、ほとんどの場合が従量制なのです。一般的には、総工事費の10〜20%前後が設計事務所の設計・監理料となるのです。すなわち、実際に設計事務所としてかかった費用とは全く関係なく、住宅建築の総工事費が高ければ高いほど設計事務所は儲かる仕組みになっているのです。したがって、例えば、以前に作ったプランを少し焼きなおしただけで2,3日で設計作業が完了したとしても、2ヶ月、3ヶ月、それ以上もかかるような複雑な設計であったとしても基本的には料金は変わらないのです。おかしいと思いませんか?

 確かに、工事費が一般的に高くなる大きな住宅というのはその分手間も必要なので、従量制というのはある部分では理解できるような気もするのですが、いくら大きな家でも基本的な家の構成要素は一般的な住宅と同じです。特に、日本の場合は単純に部屋数が増えていくだけのケースが多いのが実情でしょう。ということは、広さ、ましてや工事費と設計・監理コストは単純な比例関係には無いはずです。実際、家の価格においても広い家ほど坪単価は安くなる傾向にあります。

 そう、このことから言えることは、やろうと思えば意図的に工事費が少しでも高くなるように設計すれば自分の取り分を増やす事ができる。そして、その工事費を決めるプロセスに設計事務所自身が関与することができるという点が大きな問題なのです。そうです、設計事務所はプランニングにおいて全くの第3者という立場ではないのです。

 例えば、設備を豪華な物にするだけで総工事費は高くなります。しかし、キッチンを高価な物にしたからと言って、ドアを高級な物にしたからと言って設計の負担が増えるでしょうか。そんなことはないはずにもかかわらず、彼らの報酬は増えていくシステムになっているのです。

 また、設計事務所の宣伝文句の一つとして、工事発注先と利害関係になく、その時その時で最善の発注先を選択するというのがあります。しかし、実際には多くの設計事務所が工事の発注先を数社の中から選択していることが多いのです。これは、工務店編でも書いている通り、施主と同様に設計事務所としても飛び込みで工務店を選択することはできないからです。したがって、自ずと過去に発注して大きな問題のなかったところに発注先が絞られてくるのです。

 良く言えば阿吽の呼吸ですが、独立性という観点では疑問を抱かざるを得ません。そして、工事費、設計料を左右する設計事務所と発注先との詳細なやり取りは霧の中なのです。

 こういう図式のなかで、設計事務所が本当に第3者の立場で施主の味方として必ず判断・行動していると言えるでしょうか。あなたは、疑問を抱きませんか?本当に信用できますか?


どうぞ、お気軽にお問い合わせください。


 このページはお役に立ったでしょうか?

YES    NO

ページ先頭へ