×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

Top>家づくりにおける疑惑の構図>

家づくりにおける疑惑の構図 −工務店編−


 家の建て方、住宅建築の方法として工務店への依頼は、従来から最もオーソドックスな家造りの方法の一つとして選択されてきました。そして、現在住宅メーカーや設計事務所など多くの家の建て方が選択肢として定着してきていますが、それらのほぼ全てにおいて実際の住宅建築に従事するのは工務店なのです。

 住宅メーカーにおいても、自社で職人を全て抱えているようなところはなく、現場監督は社員であっても実際に建築工事を請け負うのは契約工務店なのです。そして、もちろん設計事務所においてもその発注先は工務店ということになります。

 そうなると、家造りのコスト面だけを見ると、中間に何もはさまない工務店への直接依頼が最も合理的なような気がします。確かに、その考え方には一理有り、低コストで家が建てられることも少なくありません。しかし、実際に工務店に依頼すると分かりますが、必ずしも期待したほどのコスト効果が得られないことも少なくありません。また、家造りはコストだけで考えるわけにはいきません。欠陥住宅手抜き工事を代表としてコストだけでは語れない部分が多いのです。

 工務店による住宅建築における最大の疑惑の原因は、現場監理にあります。工務店における家造りでは、住宅建築における全てが一箇所に集中していることが最大の問題となります。すなわち、受注に関わる営業、設計事務所に相当する設計と現場監理、工事の施工、そして、アフターサービス、これら全てが一箇所に集まっているのです。

 このことは、意思疎通という面では全てが集約されているので良い方向に働くということもあります。しかし、例えば、ある部分では利害関係(極論すれば敵対関係)にある、現場監理と工事の施工を同じ側の人間が担当しているという状況は、双方が本来の機能を発揮できない原因となります。本来はやり直しが必要な工事ミスが発生した場合でも、内々のうちに手直しで済ましてしまうということもやろうと思えば簡単にできてしまいます。ここに工務店による住宅建築における最大の問題が存在しているのです。

 また、工務店においても全ての工程を自社社員で行うということはほとんどなく、工程ごとに下請け、いわゆる、職人と呼ばれる人たちが行います。もちろん、彼らも工務店側の人間ですから、基本的に元請に不利になるようなことはしません。ただし、だからと言って必ずを手を抜くという意味ではなく、彼らとしても自分たちの行った部分で問題が生じればその責任を元請に取らされるのでそのようなことにはならないように作業します。しかし、決してより良い家造りという前向きな発想ではなく、問題を避けたいというある意味消極的な行動起源を持つことになります。そうなると、当然ながら問題が起きた時も何とか表に出ないように取り繕うという思想が生まれてくることは容易に想像できます。

 また、工務店は個人経営のいわゆる中小零細タイプの企業に属することがほとんどなので、その財務基盤も問題となります。家造りでは、多額のお金が動くことになりますが、お金の出と入りのタイミングが大きくずれているのが特徴です。しかし、小さな企業では資金面においてギリギリのところで自転車操業的に事業をまわしているところも少なくありません。しかし、自分からそんなことを言うところは普通はありません。現代は、大手でさえも急に倒産する時代ですから、中小零細となるとなおさらです。

 しかし、そういったことが分かりにくいというのも工務店における疑惑の一種と言えるでしょう。住宅メーカーであれば、財務諸表がネットでも公開されていますからある程度の情報を簡単に得ることができます。また、設計事務所においても、工事費を設計事務所を介さずに支払う形にしておけば、設計図書さえ手元にあれば、そのまま工事を続けることはできるので、最悪でも監理料相当分を失うだけで済むこともあります。しかし、工務店の場合、全てが集約していますから、倒産などとなった場合には目も当てられない状況になってしまいます。

 にもかかわらず、そういった情報を得ることはそう簡単なことではないところに問題が存在しています。

 また、これら以外にも、どうしても最新の情報や業界動向に対して遅れてしまっていることが多いというのも工務店という規模の問題で発生してしまいます。最新の設備、材料などの情報を施主が集めることは容易ではありませんから、依頼先もそういった情報を持っていないということは避けなければなりません。

 工務店への住宅建築依頼の利点は、確かにコスト面など良い面もあり、これらの問題を回避する方法さえあれば家の建て方として十分な選択肢となりうると思います。ただ、今までは、そういう住宅建築における問題を回避する方法が無かったことが最大の問題だったとも言えます。


どうぞ、お気軽にお問い合わせください。


 このページはお役に立ったでしょうか?

YES    NO


ページ先頭へ