×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

Top>家づくりにおける疑惑の構図>

家づくりにおける疑惑の構図


 住宅建築においては、非常に大きな金額のお金が動きます。問題は、現在の住宅建築のシステムにおいて、そのプロセスが非常に複雑であり、施主にとって不透明で見えない部分が多く存在するという点にあります。

 家を建てる方法には、様々なものがあります。標準的な家の建て方としては、地元の工務店に依頼する、住宅メーカーに依頼するといったやり方ではないでしょうか。これらについで、最近増えてきている家の建て方としては、設計事務所に依頼するという方法があげられます。もちろん、これら以外にも、セルフビルド分離発注などといった方法も個性的ではありますが、立派な家造りの方法の一つでしょう。

 これらの中で、セルフビルドや分離発注といった方法は、施主自身が家造り、家の建て方について努力して多くの知識を持っていることがほとんどであり、また、そういった家づくりの知識を持っていることが必須条件とも言え、逆に言えば、そうでなければ実行は難しい方法です。そして、これらの方法では家づくりの流れも明確で施主がほぼ全てを把握しているクリアーなシステムであると言えます。

 これに対して、大手メーカーへの依頼、工務店への依頼は見えない部分が多く、一般的な家造りの方法ではありますが、実はそう簡単なものではものではないと言えます。設計事務所への依頼は、これらに比べて透明性が高いと一般には言われていますが、実際に経験すると分かるのですが、実は思っているほどの高い透明性が必ずしも約束されるものではないことが分かります。

 家づくりとは分からないことだらけで、「家は3回建てて初めて分かる」というような言葉もあるくらいです。しかし、普通の人にとって、家を建てるということは一生に一回のことになりますから、住宅建築はローンなどを考えるとその人の一生を左右するやり直しのきかない一大事業です。にもかかわらず、最初に述べたような複雑なプロセスに埋もれてしまい、疑惑の構図の存在に気付かないまま、マスコミの情報や周りの言葉、思い込みに惑わされて家造りをスタートする方をたくさん数知れず見てきました。

 そう、家造りにはあなたの知らない疑惑の構図が数多くあるのです。しかし、誰もそこに触れようとしません。理由は簡単で、その中に自分自身の利害が絡んでいるからです。

 我々「家造りラボ」は、そんな疑惑の構図を打ち払い、真の家造りサポートを目指しています。

 まずは、代表的な家造りの方法である大手メーカー、設計事務所、工務店における家造りの疑惑の構図、真の姿をご覧ください。


家づくりにおける疑惑の構図 −住宅メーカー編−

家づくりにおける疑惑の構図 −工務店編−

家づくりにおける疑惑の構図 −設計事務所編−


どうぞ、お気軽にお問い合わせください。


ページ先頭へ