×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

Top>家造りご相談メニュー例>

家造りご相談メニュー例 −見積り・設計図書の相談−


 見積り・設計図書の内容が妥当なのか判断できない
   見積りや設計図書を見ても、この内容で良いのかどうか判断できず不安を感じる。担当者に説明をしてもらっても本当にそれで良いのか分からない。こちらの家づくりに対する希望が全て反映されているのか不安。
 そんな時にこそ、この「家造りラボ」をご活用ください。家造りは最終的には見積りと設計図書が全てで、これらに沿って家が建てられていく最も重要なものです。できるだけ多くの目でチェックしていくことが必要不可欠です。
 
 見積り・設計図書の項目の意味がわからない
   家作りにおいては、見積りや設計図書を良くチェックしましょう、と言われても専門用語や記号が多く良く分からない。かと言って、作ってきた担当者に聞いてもなんとなく不安が残る。
 そんな時にこそ、この「家造りラボ」をご活用ください。一緒にじっくりと見積りや設計図書を確認して、確かな家づくりを進めていきましょう。
 
 適切な値引き交渉をしたいがどうすればよいかわからない
   家を建てる時には大きなお金が動くので、どうしても金銭感覚が麻痺してしまうものです。そして、できるだけ安く家造りを実現したいというのも当然のことです。しかし、実際に値引き交渉をするにしても妥当な範囲が分からない。無理に値引きを交渉しても、手抜きや欠陥住宅の心配が頭を過ぎる。また、当事者同士になると色々な絡みもあり言い難い事も多いものです。
 そんな時にこそ、この「家造りラボ」をご活用ください。一つ一つ内容を確認しながら、妥当性をもって一緒に交渉を進めていきましょう。
 
 抜けがないか、後で追加費用発生になるかもと不安
   いくら念入りにチェックしてもやっぱり不安で、どこかに抜けや勘違いがあるのではないかと不安がある。予算に余裕がないので、後で追加費用の発生という事態はなんとしても避けたい。
 そんな時にこそ、この「家造りラボ」をご活用ください、家づくりにおいてはより多くの目で確認・チェックすることが重要です。冷静で公平な第3者の目として一緒に家造り、夢の実現を進めていきましょう。
 
 不要な項目、削減可能な項目がないか知りたい
   家造りは一生に一回のことと思うとどうしても、あれもこれもと無理をしてしまいがちです。また、項目が多すぎて家づくりの全てに目が行き届かないのも現実です。なんとなく、みんな付けているから、また、担当者に薦められるままに付けることにしてしまっているものもあるかもしれない。
 そんな時にこそ、この「家造りラボ」をご活用ください。一緒に一つ一つの家作りの項目をチェックしていきましょう。


どうぞ、お気軽にお問い合わせください。


ページ先頭へ